絶景のビーチ

ジャケットを見て行きたいと思う

結構昔からの夢だったのですが、有名なアーティストのCDジャケットを見ていると、とても綺麗なビーチが広がっているものが多かったのです。
その中でも、モルディブ共和国というところのビーチのジャケットがものすごく印象に残っていて、いつか一度でいいから行ってみたいとずっと思っていました。
それを夢見て貯金を続けて、最近それがやっと実現したのです。

青い空に青い海…というのは、なかなか日本国内でも見ることが難しい景色となってきましたし、そもそも私が住んでいるところからそうしたところに行こうと思ったらとても大変なのです。
どうせ大変なんだったら、やっぱり夢のような場所に行くのが絶対に良いと思ったのです。
準備や下調べは大変でしたが、もうすぐ行けると思ったら、全然苦にはなりませんでしたね。

ついに目の当たりにした景色

どれくらい飛行機に乗っていたのか良く覚えていませんが、モルディブ共和国に着いたときには驚きました。
ジャケットで見たあの景色が目の前に、実際に広がっているという大きな感動を手に入れることができたからです。
正直言って、写真はきれいに加工もできるものですから、もしかしたらこれは夢物語なのかもしれないと思っていたのですが、実物の方が写真よりもよっぽどきれいに映っていたのにはとても驚いてしまいました。

ここは世界一と言われるような砂浜が広がっているところらしく、正に私が追い求めていた景色そのもので、夢のような時間を過ごすことができました。
同じ地球上で、こんなに美しい場所があるのかと思いましたし、海がどれだけ広いものであるかということも再認識することができました。
それにこの自然の豊かさに比べてみたら、人間は本当にちっぽけな生き物なんだなっていうことも、改めて知ることができたのです。

それに、海を見渡してみると、サンゴ礁がくっきりと見えるんですよ。
たまに目にする日本の海とは明らかに違うものであって、ある意味ではこれが本物の海なんだなって強く思いました。
それから、本当に自然が辺りいっぱいに広がっているため、ここだけ時の流れが止まっているような印象を強く受けました。

感想

もう、とにかくすごかったとしか言えません。
私としては、CDジャケットと同じ景色の場所に行けたというのがこれ以上に無い貴重な経験でした。
当時の私は、この景色がまるで天国のように思えたのですが、行ってみたら本当に天国のようで、子どものときに感じた感覚には嘘は無かったなと思いました。

これは多分、一生に一度しかない経験だと思いますから、いつまでもいつまでも心の中に残しておきたいなと思いました。