インレー湖

一度行ってみたかったところ

私は仕事で海外に行くことは割と多いのですが、さすがに主要都市しか行かないわけで、色々と海外の情報を見てみると、ここに行ってみたいと思うところがたくさんあります。
そんな中でも、ミャンマーにあるインレー湖というところがすごいという噂があって、そこに一回でいいから行ってみたいと思ったのです。

当然出張となると、会社から経費が出るわけですが、今回はさすがに自腹になるわけで、金額的に辛いところもありましたが、やっぱり行きたい!と思う衝動からは逃れることはできませんでした。
ちなみに、このインレー湖ですが、海抜1300メートルのところにあるものらしく、画像を見てもなんだかすごいっていうものとしか分からなかったため、どんなところだろうかっていうのはすごく期待できるところがあったのです。

物凄かった

ミャンマーには仕事でも行ったことが無かったため、とにかく新鮮でした。
何せ建物が水上に建っているところがものすごく新鮮で、日本では決してみることができないこの風景には驚かされてしまいました。
地球が広いというのは分かっていましたが、こんなところが同じ地球上にあるんだって思ったら何とも言えない気分になりました。

ここで暮らす人々は、湖と共に暮らすというのが板についているようで、暮らしの中には常に水があると言ったように、すごく器用に漁をしていました。
そうした姿も日本では見ることができないものだったため、ものすごくいいものを見せてもらったような気分になれました。

じっくり楽しめました

ちなみにインレー湖の丘の上には、ワイナリーがあって、そこではワインを堪能できました。
わずか数百円という値段でしたし、ワイン好きの私にとってはたまらないものがありました。
いつもは家の中で楽しむ程度のワインですが、今回は絶景が目の前に広がっていましたし、何よりもフランスの専門家監修で作られたワインということもあって、味も良かったです。

何気に今回の旅行は思い付きの部分が大半を占めていたのですが、行ってよかったなあって思えるものとなりました。
これこそまさに一生に一度の経験と呼ぶに相応しいものですし、この旅行の記憶は死ぬまで持ち続けていたいものだなと思いました。
そして、いつか結婚して子どもができたら同じようにこの場所に行ってほしいものだなって思いました。