ライステラス

海外旅行をしました

最近、時間に余裕があったため、海外旅行に行ってきました。
もちろん海外旅行は初めてでしたし、もしかしたら今後一生無いかもしれないと思ったため、絶対に記憶に残るような場所に行きたいと思って色々と調べました。
パスポートの取得や準備がとにかく大変だったこともあって、絶対にいいところに行ってやるという気持ちがものすごく強かったのです。

それで選んだのは、バリ島にあるライステラスというところでした。
世界遺産と呼ばれているところですし、どうせ行くのならそういったところが絶対にいいだろうっていうフナ頭があったのです。
さすがに海外旅行に自分が行くことになるとは思っていませんでしたし、行くにしても前途多難なのは目に見えていました。

それでも、やっぱり一生に一度きりだというのは頭にありましたし、もしも結婚などしてしまったら絶対に行けないというのも分かっていたため、行ったときの景色や気持ちは絶対に胸に残しておきたいという思いはありました。

ライステラスに到着

ライステラスに到着した時、まずは世界文化遺産として知られるジャティルイというところに行きました。
ここは、バリ島中部にある山のふもとの丘陵地帯で、山と深い渓流があるところです。
ここはものすごい絶景で、見たときにはこんなものは日本では見たことが無いし、本当に来てよかったと思えるものでした。

ちなみに、ジャティルイというのは、バリ語で素晴らしいという意味のようです。
正にそれに相応しい絶景を見ることができました。
これは人間が作りだした、自然の中に溶け込む造形美のひとつだなと思いました。

別のスポットへ

今度はテガララン村という、ライステラスを見るのに一番有名と言われているところに行きました。
ここは、渓谷になったライステラスが広がっていて、近くで見るのも良いですし、遠くから見るのもものすごくきれいな場所でした。

それから、こうした絶景を見ながらカフェを楽しめるお店もありました。
インドネシア料理はもちろん、パスタやサンドイッチを食べることができました。
極上の景色を見ながら食べる料理と言うのは、また違ったおいしさがありましたし、とにかく格別だったと記憶しています。
探してみれば日本にも絶景と呼ばれるところは多く存在すると思いますが、さすがに海外だけあってスケール感満点の場所でしたし、本当に海外旅行に行って良かったと思いました。

一生に一度の場所ということで、すごくいい体験ができましたし、今もその興奮を忘れることはありません。