成人式

大人の入り口

今年成人式に行ってきました。
まだまだ子供でいたいなっていうのはありましたが、時の流れで自然と来るものですから仕方ありません。
とはいえ、何せ楽しんでくることができたので報告です。

成人式での出来事

なんと言っても面白かったのは、昔からの友達に会えたことです。
その子とは、中学を上がる前までは仲が良くてしょっちゅう会っていたのですが、高校から別になってしまって全然連絡も取れなくなっていたのです。
家も近所だったのですが、やっぱり学校が違うとそれだけで疎遠になってしまうものでした。

しかし、時を経て成人式となると、ばったりと会ってしまうものですね。
友達は、昔と全然変わっていない姿をだったのですぐにわかり、ちょっとした戸惑いはありましたが、勇気を出して声をかけたのです。
向こうもすぐに気が付いたみたいで、走って近寄ってきてくれたところでがっちり握手を交わしました。

もしかして話がもうできないかもしれないって思っていたので、再開できたのもそうですし、話をできたことを心から喜びました。
こうやって、近くに住んでいる人が皆集まるということですし、成人式をやる意味は大きいなと思いました。

綺麗な着物

個人的な楽しみですが、着物を着られたのも良かったです。
うちのお父さんは着物を娘に買うって張り切っていたのですが、特別裕福な家庭でもありませんから、結局はレンタルになりました。
それでも、お店には両親が一緒に来てくれて、一番似合うのはあれだこれだと一生懸命になって私の着物を見てくれたのはとてもうれしかったです。

成人式って、やっぱり一生に1度しかないものですから、ある意味では私よりも両親の方が気合いが入っていたのかもしれません。

これからは大人

成人式って、色々見ていると終わった後に暴れだす人がいるっていうイメージがありました。
でも、私のところの成人式は本当に静かで、びっくりするくらい何も起こらなかったのが良かったと思いました。
これから大人として生きていくことになるんだなっていうのは、成人式のスピーチで何となく実感できました。

ちなみに、帰宅したときには両親にお祝いをしてもらえました。
見るからに高そうな腕時計をプレゼントしてもらえましたし、一緒に少しお酒を飲んで話しました。
今後、この素晴らしい両親に恥じない、素晴らしい生き方をしていけるような大人になりたいと思いました。

もう一生成人式に参加することはありませんが、とても思い出に残るものとなりましたし、いい経験ができたと思いました。