1. /
  2. /
  3. あらゆる執着を捨てる方法

あらゆる執着を捨てる方法

執着心が強い人の特徴

お気に入りの物や人を手放したくないという気持ちが人一倍強い人です。
日ごろから物を溜めがちで、なかなか捨てられない傾向にあるため、物がどんどん増えていき、部屋が散らかりやすくなります。

執着心が強くなる傾向として、周りの友達は持っているのに自分だけその物を持っていなかった、幼少期に欲しい物を買ってもらえずガマンしていた、といった思い出(トラウマ)が関係しているといわれています。

また、捨てるか否か迷ったあげく処分したものが、結果として必要なことが多かったため、物を手放さないというパターンもあります。

執着心が強い人の中には、束縛が強いタイプもいます。
恋人同士はもちろん、友人や家族に対しても同じような感情を持ちます。
「相手を絶対に離したくない」という気持ちが強いため、しつこく付きまとう傾向になりがちです。

デートや遊びを断られても何度も誘ったり、相手が拒否しても自分の意見を貫き通したりと、自分勝手な行動が目立つかもしれません。
相手の気持ちを無視しがちになるので、周囲から敬遠されるケースもあります。

執着心を捨てる方法

一度、自分が執着している物は何か、紙に書きだしてみてください。
自分がこだわっている物や出来事、離れたくない相手、お金に執着する理由など、自分の感情や考え方を見える化して、客観的に考えることが大切です。

物への執着心を捨てるには、断捨離が適しています。
断捨離とは「不要な物を減らし、生活の質の向上や心の平穏、運気アップを得ようとする考え方」のことです。

使っていない物は捨て、使っている物を残すシンプルな方法ですが、物への執着が強い人にとっては根気がいる作業かもしれません。
一人では難しそうと感じた方は、友人や家族に協力してもらい片付けを手伝ってもらうのも一つの手です。

不要品回収やリサイクルショップを利用するのもアリですが、普段使っていないブランド物のアクセサリーやバッグを処分するなら、ブランド品も専門に扱っているお店に依頼するのが最適です。ブランド・金・不用品の高価買取ならエコリング こういったお店なら、高価買取してくれる可能性が高まりますからね。

人への執着が強い人は、自分を大切にすることから始めてみてください。
家族や友人、彼氏・彼女など、あなたを大切にしてくれる人はたくさんいますが、癒して欲しいとき・なぐさめて欲しいときに必ずそばにいるとは限りません。

マイナスな感情が生まれているときだからこそ、自分の存在を大切に思い、気持ちに寄り添うことで自らの心を守れるようになります。
誰かに依存するのではなく自分の心と向き合って、今欲しい物・やりたいことを見つめ直しましょう。

あわせて読みたい